【社会人におすすめの本】最高の自己啓発本、目標達成する9つの習慣

「やり抜く人の9つの習慣」 3.社会人におすすめ
「やり抜く人の9つの習慣」
HT
HT

成功した人は、「天才」であったり「才能に恵まれた人」で、「天才」でも無い。「才能にも恵まれなかった」自分は、人生の成功者にはなれない。と考えていませんか。

実は、そうではないのです。

実際に沢山の心理学的な調査によってわかっているのは、「成功者」は共通する思考や行動のパターンがあるという事です。

成功したのは、「ある種の思考や行動によって、自分自身で成功に向かっている」という事です。

今回は、成功者の「目標を達成できる人」に共通する思考や行動を「9つの習慣」にまとめた本をご紹介します。

モチベーション理論の第一人者が教える「やり抜く人の9つの習慣」は、心理学的に正しい目標達成の方法が紹介されています。

HT
HT

今まで自分がやってきた事を再確認して、大事な事と改めないといけない事を整理して、人生の成功者を目指しませんか。

こんな人におすすめ

社会人の人におすすめします。

沢山の経験を積んで、自分を成功に導く方法をご存じの人にも、気付きや共感できる事があると思います。

また、子育て中の人にもおすすめします。

子供達に目標を達成するための考え方と行動パターンを教えてあげられると思います。

今回ご紹介する本

「やり抜く人の9つの習慣」の内容

心理学の研究から明らかになった目標達成に最も寄与している実践的な「9つの習慣」が、わかりやすく紹介されています。

目標を達成する方法を理解して、そして実行する。という事が出来るようになれます。

  • 目標に具体性を与える
  • 目標達成への行動計画をつくる
  • 目標達成までの距離を意識する。
  • 現実的楽観主義者になる
  • 「成長すること」に集中する。
  • 「やり抜く力」を持つ
  • 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える
  • 自分を追い込まない
  • 「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する。
HT
HT

それぞれの習慣の最後には、「まとめ」がありますので、実践する時の参考になります。

私が特に共感した事

現実的な楽観主義者になる

目標を達成するためのは、ポジティブに考えて、目標達成に向けた行動は前向きにやり続ける事が、大事な事だと思っています。

本書では、さらにポジティブに考えるための楽観主義者にも種類があるという事が紹介されています。そこに共感しました。

「非現実的な楽観主義者」ではなく、「現実的な楽観主義者」で無ければ、目標を達成する事が出来ないという事です。

HT
HT

私はポジティブに考えながらも、成功するための困難はしっかりを意識して、行動しようを思いました。

「成長すること」に集中する

自分の成長にとって大事な事は、「今出来なくても、努力して出来るようになる」事だと思っていますし、自分の能力は、自分の努力次第で伸ばすことが出来る。と考えています。

自分が成長するためには「新しいことに挑戦する」事が必要になりますが、その時の「心の持ち方」に共感しました。

「証明ゴール」と「成長ゴール」の違いを理解して、新しい事に挑戦する事だ大事だという事です。

HT
HT

私は、自分の成長のゴールを正確に置いて、失敗を恐れずに調整したいと思いました。

まとめ

目標を達成する方法は、学校や会社でも学ぶこと出来ると思いますが、本書は心理学的に分析してあるので、とても正確で実践的だと思います。

その思考や行動が、「9つの習慣」にまとめられていますので、とてもわかりやすいです。

本書を読むと、目標達成に向けた「今までやってきた事の再確認」と「間違っていた事を知る」事が出来ると思います。

私はこれから、「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」によって、成功を掴んで、豊かで穏やかな人生を送りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました