医療小説

5.おすすめ小説

【夏川草介おすすめ小説】神様のカルテの著者が描くコロナとの戦い

夏川草介さんの「臨床の砦」をご紹介します。神様のカルテの著者、現役医師の「夏川草介さん」がコロナとの戦いを描いている医療小説です。2021年1月の第3波の1ヶ月を命がけでコロナに立ち向かった信濃山病院の医師や看護師、そして家族の物語です。
5.おすすめ小説

【南杏子おすすめ小説】女性向け、現役医師が綴る女性医師の物語

今回ご紹介するのは、医療小説の「南杏子さんのディア・ペイシェント」です。若い女性医師が、「モンスター患者」に向き合い、「医療現場の真実」を知り成長していく感動の物語です。医療小説に興味のある方におすすめしたい読むと胸が熱くなる感動の作品です
5.おすすめ小説

【南杏子おすすめ小説】感動の医療小説、在宅医療をテーマにした物語

南杏子さんの「いのちの停車場」をご紹介します。現役医師で作家さんの南杏子さんが描く「在宅医療」をテーマにした物語です。現役医師から見た医療現場に、南杏子さんの現在医療へのメッセージが反映しています。医療に興味のある人の参考になると思います
5.おすすめ小説

【二宮敦人おすすめ小説】40代、30代向け、生と死を考える物語

もし自分がもしくは家族が、エイズや癌、認知症になった時にどうすればいいのか。その時に、毎日どういう気持ちで生きたら良いか。どんな治療を行うのか。どんな闘病生活が待っているのか。「病気」「闘病生活」そして「死生観」を考えるきっかけになる作品
5.おすすめ小説

【医療小説のおすすめ】神様のカルテの夏川草介が描く高齢者医療とは

「神様のカルテ」の夏川草介さんの「勿忘草の咲く町で、安曇野診療記」をご紹介します。現役医師の夏川草介さんが、地域の医療現場で直面している「老人医療」をテーマにした物語です。重いテーマですが、読み終わった後に「さわやかさを感じる」作品です。
5.おすすめ小説

【南杏子おすすめ小説】女性向け、看護師におすすめの切ない医療小説

南杏子さんの「ヴァイタル・サイン」をご紹介します。過酷な医療現場で、さらにモンスター患者や理不尽な申し出をする身内に翻弄されながらも、懸命に働く30代の女性看護師の物語です。看護師の過酷な苦しみが伝わってくる切ないけど感動する医療小説です。
5.おすすめ小説

【南杏子おすすめ小説】読みやすい小説、終末期医療がテーマの小説

南杏子さんの「サイレントブレス、看取りのカルテ」は、終末期医療をテーマにした小説です。サイレントブレスは、「病気を治せない患者」に寄り添い穏やかな終焉を迎えるための手助けをする医療を描いた作品です。穏やかな死を考えるきっかけになる作品です。
5.おすすめ小説

【二宮敦人おすすめ小説】男性向け、読み始めたら止まらない医療小説

「最後の医者は桜を見上げて君を思う」を読んだ感想をご紹介します。 闘病生活と闘病生活の末に亡くなった人の物語があります。「生と死」「死までの生き方」について、考えさせられる作品で、闘病生活の表現、医者、患者、身内の人の目線が描かれています。
スポンサーリンク