東野圭吾

5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】読み始めたら止まらない本、クスノキの番人

今回ご紹介する「クスノキの番人」は、不思議なクスノキを通して、ある青年の人生が大きく変わっていきます。最初は戸惑っていた青年が、周りの人たちの支えもあって、大きく成長していく姿はとても感動します。読んだら胸が熱くなり、心が温かくなる作品です
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】男性向けの短編集|犯人のいない殺人の夜

「欲望」とは、人間の思いの中で、「不足しているものを満たしたい。」という事を強く思う事です。その気持ちが強すぎると犯罪行為にもつながる事があります。そんな人間の欲望によっておこる殺人事件を描いた短編集が「犯人のいない殺人の夜」です。
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】ガリレオシリーズ「透明な螺旋」が交錯する

ガリレオシリーズ最新作「透明な螺旋」が交錯する物語をご紹介します。「透明な螺旋」は、「真夏の方程式」のように「登場人物に思い煩うような作品」です。過去と未来が交錯しながら、複雑な人間関係で紡いでいく物語は、悲劇か幸福か。「ガリレオの真実」は
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】読み始めたら止まらない本|危険なビーナス

東野圭吾さんの代表的な作品と比較しても、新しいストーリー展開で楽しめる作品が「危険なビーナス」です。主人公のキャラクターは、優柔不断で女性に惚れっぽい性格です。そこにミステリアスな謎の美女が登場して、奥深いストーリー展開になります。
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】読み始めたら止まらないミステリー小説

東野圭吾さんのマスカレードシリーズ最新作「マスカレード・ゲーム」を読んだ感想をご紹介します。今回も「コルテシア東京」がマスカレード・ゲームの舞台です。 物語は、二転三転しながら進み、予想を超える結末を迎えるシリーズ総決算とうたわれる作品です
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】ミステリー小説の最高傑作|東野版、罪と罰

東野圭吾さんの新作「白鳥とコウモリ」をご紹介します。殺人という罪の重さ、加害者の身内にふりかかる罰、「罪と罰」がテーマの作品ですが、「白鳥とコウモリ」はそれだけでは終わりません。東野版「罪と罰」は、東野圭吾さんの最高傑作と紹介出来る作品です
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】読みやすいミステリー|殺人現場は雲の上

ルックスも性格も正反対の二人「エー子さん」と「ビーコさん」ですが、社内では有名な大の仲良しの二人。そんな凸凹コンビの二人が、フライトでの奇妙な事件を解決するオムニバス小説が「殺人現場は雲の上」です。ゆるいミステリー小説を読んで癒されませんか
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】複雑な人間関係が紡ぐミステリー|夢幻花

ミステリー小説の面白さ、感情移入してしまうような犯行動機、複雑な人間関係が紡ぐストーリー展開を楽しめるミステリー小説が、東野圭吾さんの「夢幻花(むげんばな)」です。複雑な人間関係が織りなす、悲しいけど、前向きになれるミステリー小説です。
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】読み始めたら止まらない短編集|魔力の胎動

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」の主人公「羽原円華さん」が活躍する作品で、「予測できない物理現象は無い」と豪語する羽原円華さんの一般の人には超常現象的でありながら、身近な物理現象として解決していく不思議なストーリーが収録されています。
5.おすすめ小説

【東野圭吾おすすめ小説】加賀恭一郎シリーズ、松宮刑事の過去とは

家族のあり方を描いた加賀シリーズの「麒麟の翼」のような、そして、過去の事件により引き起こされた殺人事件を描いたガリレオシリーズの「真夏の方程式」のような、「希望の糸」は、家族のあり方、過去と現代が複雑に交錯した殺人事件を描いた作品です。
スポンサーリンク