生き方

3.社会人におすすめ

【社会人におすすめの本】悩み解決の方法、居場所がない時に読む本

「自分の居場所がないと感じた時に読む本」をご紹介します。物理的に「居場所がない」という事ではなく、「職場、学校、自宅等、自分がいる場所はあるのに、そこになじめない。自分が疎外されていると感じる」等の精神的な側面についての悩みを解決する考え方
3.社会人におすすめ

【社会人におすすめの本】ストレス解消法|がんばらなくても死なない

仕事のノルマをこなすというより、多すぎて仕事に追われている。家族みんなが元気でいるために、がんばりすぎて、生活に疲れを感じている。そんな毎日が生きづらいと感じて生きていくより、がんばりすぎない素敵な生き方を目指しませんか。
4.子育て、学校生活

【学生におすすめの本】10代の学生に読んで欲しい心が軽くなる本

雨宮処凛さんの「生きのびるための「失敗」入門」をご紹介します。10代の子ども達へのメッセージが紹介されている本です。「誰でも失敗しながら生きている」ということを知って、心が軽くなって欲しいという思いのこもった本です。10代におすすめの本
3.社会人におすすめ

【社会人におすすめの本】心が病んだ時に読む本、傷つきやすい人へ

HSP専門キャリアコンサルタントの「みさきじゅりさん」の「とても傷つきやすい人が無神経な人に悩まされずに生きる方法」をご紹介します。傷つきやすい人に読んでいただくと自分らしさを活かしながら、社会生活で傷つかないようになれると思います。
2.癒しの本

【癒しの本おすすめ】読むと心が落ち着く本。「日日是好日」の続編

森下典子さんの「好日日記_季節のように生きる」をご紹介しています。40年以上お茶を習っている森下さんが、茶室の1年を二十四節季を節目にして振り返ったエッセイです。生き疲れを感じている人に読んでいただくと、森下さんの温かい言葉に癒されます。
3.社会人におすすめ

【社会人におすすめの本】「心理的安全性」がよくわかる読みやすい本

松村亜里さんの「誰もが幸せに成長できる心理的安全性の高め方」をご紹介します。ポジティブ心理学をベースに「心理的安全性」とはどういうものなのか。「心理的安全性」を取り入れるための考え方と一人一人の行動。等がわかりやすく紹介されています。
1.素晴らしい人の教え

【社会人におすすめの本】一生に一度は読むべき本、おおらかな人生

黒川伊保子さんの「家族のトリセツ」をご紹介します。黒川伊保子さんは、人工知能(AI)の研究者で、長年「人とは何か。」を研究してきた人です。その知見を活かして、「脳の個性」を理解しつつ、家族とうまく付き合う実践的な方法が紹介されている本です。
1.素晴らしい人の教え

【親子におすすめの本】一生に一度は読むべき本|生きるって、何?

たかのてるこさんの「生きるって、何?」をご紹介します。 優しい人ほど、「つい、自分なんて」と自分をいじめてしまいます。がんばっていても、「自分はダメな人間だ」と自己否定してしまいます。生きるってどういうことか、その時の心の整理が大事です。
5.おすすめ小説

【南杏子おすすめ小説】女性向け、看護師におすすめの切ない医療小説

南杏子さんの「ヴァイタル・サイン」をご紹介します。過酷な医療現場で、さらにモンスター患者や理不尽な申し出をする身内に翻弄されながらも、懸命に働く30代の女性看護師の物語です。看護師の過酷な苦しみが伝わってくる切ないけど感動する医療小説です。
2.癒しの本

【癒しの本おすすめ】女性向けの読みやすい本、「日日是好日」

「日日是好日」とは、「毎日が無事で良い日である事」だそうです。でも、実際の生活を考えると毎日が良い日というよりは、人生は山あり谷ありで、辛くて苦しい日も沢山ある。と感じている人は、多いのではないでしょうか。そんな人におすすめの本を紹介します
スポンサーリンク